MUJI×IKEA

mujiXikea.jpg
雑誌CREA 6月号で無印良品とIKEAで収納をコーディネイトした場合の比較を行っているらしく、ネットで少し見れます。

+IKEAと無印良品で作る収納のコツ、教えます! - LIFESTYLE

住宅設計で、収納計画はとても重要なポイントです。

収納が多いほうが良いに越したことはないんですが、面積も限られていたり・・・もっと大きいのは予算だったりします。
しっかり収納を作り込むとやはりコストがかかります。特に家具工事は建築工事の各項目の中で仕様や作り方によって大きく増減がある項目の一つです。

それこそ大豪邸で収納もいっぱい作れたら、設計段階でしっかり作りこんでいくのも良いのですが、限られた面積の中の収納は使いながら工夫できる余地があったほうが良いのでは?と思うこともしばしばです。

そんな時、エトラでは収納の場所はしっかりと作りますが、中は作りこまない。という事にしています。
0462
例えば、先日取材を受けたr-rbiですが、部屋の両サイドの壁面を収納としています。ただ、家具屋さんが作る収納家具というものではなく、大工さんに壁を作ってもらい建具屋さんに引き戸を付けてもらうという至ってシンプルな作りにしています。

案件によっては無印の収納ケースがしっかりと納まるように設計をしておいたり。

家具屋さんでしかできないことも色々あるのですが、収納の中など、建築でしっかりと隠せるようにしておけば、IKEAやMUJIのシステム収納の方が有効だったりします。 建築コストを抑えつつ、使いやすく自由度がある部屋に・・・と、いうのも一つのやり方ですね。

 1Q84@市川

1984map.jpg 工事が来週より本格化する物件のお客様に「市川は村上春樹の1Q84の舞台ですよ。」と1Q84マップなるホームページを教えて頂きました。

+1Q84マップ | 村上春樹『1Q84』 新潮社公式サイト

で、市川に向かう前に見ようと検索したら。。。なぜこんなに中央線沿線で話は進んでいたんだろ。。。と。
気になる文章を見つけたので、現場へ向かう電車の中で読んでみました。

+特別分析 村上春樹と中央線の呪い
「1Q84」の舞台はなぜ高円寺なのか? By 中念寺行男

あまり中央線沿線という事は意識して読まなかったんですが・・・こういう考察もあるのか、と。

村上春樹が高円寺とか国分寺から早稲田辺りで学生時代〜を過ごしたという事は何かで読んだ事があったので、私にはどちらかというと今回の物語のスタートが池尻とか三軒茶屋という所が引っかかっていました。(自分に身近な場所が村上春樹の小説で出てきたことが無いので・・・)で、市川が舞台になった事を調べようと思ったら、それてしまい自由が丘ー高円寺論を真剣に読んでしまいました。とはいえ、結局市川が主人公二人の原点だった明確な理由は分からず。中央線沿線だからなのか。。。現場が終わるまでに解明したいです。

その他、「1Q84と市川」で検索して面白かったテキスト

+村上春樹『1Q84 BOOK3』の精神分析|この一年の注目記事|新しい日本を創る提言誌 Voice+ ボイスプラス
+村上春樹『1Q84』の東京地図の空白(3)市川に回帰せよ: 批評職人〜たのしい文芸評論

 ハローアーキテクト

helloArchitect.jpg 旭硝子さんのサイト内で家づくりに関するコラムの執筆依頼がありました。 家造りが仕事なので、執筆なんて・・・と悩みながら思っていることを実例を交えて紹介させて頂きました。
色々、校正などを経て掲載となりました・・・ので、ご紹介。

依頼があって初めて知ったのですが、かなり面白いサイトです。
旭硝子だからガラスのこと?と思うのですが、住宅を設計している方がその時思っていることを、ざっくばらんに書いていたり。家造りに関する情報が充実していて、読み物としてそうとう楽しめます。というかアーカイブが多すぎです・・・それもそのはずで、私で611人目なんですね。

私のコラムはいいとして・・・家造りや住宅建築に興味がある方は必見です。

旭硝子のGlass Plaza-PRO

 青山動物園

BLOGの更新が滞っておりました。相変わらず、ばたばたです。
先々々週ぐらいまで遡って、あれこれ・・・

francfranc20100502.jpg オープンしたというので、青山のニューフランフランへ行ってきました。お昼に散歩がてら・・・と思ったら。

動物園!?

francfranc20100501.jpg しろくま   とか
francfranc20100503.jpg ぺんぎん  とか
francfranc20100507.jpg りす  とか
francfranc20100508.jpg しか  とか。
francfranc20100506.jpg きりん!まで

フランフランだと思ったら動物園だったのか・・・

森田さんらしい色々な技が楽しめます。
francfranc20100504.jpg

PAGE TOP